2015/06/13

次女の入院

5月最後の日曜日の夜、次女が吐き気がして体調が悪いと訴えたので、夜間小児診療所へ。
とりあえず、この日は点滴を施してもらい落ち着いたので帰宅しました。

ですが、5日(金)の朝、再び同じような症状が出ました。
次女は小学校入学以来、ずっと無遅刻無欠席を貫いていましたが、さすがにそんなことも言ってられない状況。
カミさんが病院へ連れて行き、血液検査をしてもらいました。
その結果、「アセトン血性嘔吐症」と診断され、そのまま入院です。

会社に行っていた私に、カミさんがメールをしてくれましたが、まったく何の病気だかわからず、おもわずネットで検索しましたよ(笑)
乱暴に簡単にいえば、体を動かすためのエネルギー不足ということなんですって。
しかも、次女は食べると気持ち悪くなって吐き気がするということで、点滴でのエネルギー注入。
入院していた間中、ずーっと点滴してました〜。6月5日に入院して、9日に退院するまでの5日間点滴ですからねぇ。次女にしてみれば、大変だったと思います。

入院中

私は全然知らなかったのですが、子どもって手の甲から点滴するんですね。
今回の入院中も点滴の針を挿し、動かないように固定するため、看護師さんが包帯を巻いてくれていました。その包帯には何と・・・!

もんげー

最近の病院はいろいろと工夫してるんですね。
包帯には、妖怪ウォッチのコマさんが手書きで書かれていましたよ。次女は、嬉しそうに見せてくれました(笑)

おかげさまで、6月9日に晴れて退院。
すっかり元気になりました。良かった良かった。

入院中は、かみさんと私が交代で付き添っていましたが、普段いるはずの家族が家にいないというのは寂しいものですねぇ。数年もすれば子ども達も家を出て行くのでしょうけれど、その時が来るのが少しでも遅いほうが嬉しいような、でも、それは良くないような…。複雑な気持ちだな…。
2015/04/25

パンづくり

今日の午後は、次女と二人でお留守番。
暇を持て余した次女、「とうさん、一緒にパンを作ろう?」って。
そういえば、当分作っていないな…。よし、どうせ暇だしやってみるか!!

ってことで、次女とパンを作りました。
ところが、今回は基本的に次女が一人で作ってみたいと。「父さんは、横で見ててーな」だってさ。
どれどれお手並み拝見です。

我が家でのパンづくりといえば、いつも登場するのは「こねパン」というクッキングトイ。子どもでも簡単に、だけど本格的なパンが作れます。

まずは、材料をこねパンの中に投入。専用の計量カップと計量スプーンで測れば、秤も不要なんです。
1

すべての材料を入れたら、フタをして3分間グルグルとハンドルを回します。
2

するとアッという間にパン生地の完成。これをオーブンで一次発酵するとフワフワのパン種ができます。
打ち粉を敷いたシートの上に置いて12等分。
これもシートにガイドラインが書かれているので、その大きさでカットしていきます。
3

カットしたら、ひとつづつ丸めて天板の上に…。
6

こんな、ハートに羽根(?)が生えてて飛んでるカタチも作ってました(^^;)
4

これを再び二次発酵でオーブンに入れて40分。
さらに膨らみます。発酵が終わったら、表面に溶き卵を塗って…。
5

最終の焼き上げです。いい匂いがしてきましたよ〜。
私が、オーブンの使い方を少し間違えたので、表面の卵が焦げちゃいましたけど(汗)
それと、ハートも羽根がちぎれてしまいました(>_<)
7

ここまで、約3時間。
とうとうパンのできあがりです。ほとんど、次女が一人でガンバりました。
8

夕食でひとつ食べてみましたよ。
ずっしりとしていて、もっちりフワフワ。食べごたえがありますねぇ。
なかなか美味しいパンでした。

時間はかかるが。基本的にはほとんど待ち時間というパン作り。
ホームベーカリーがあればもっと簡単なのでしょうが、この手間も味の一部です。
次女も今回は大満足の顔をしてました(^^)b
2015/02/14

チョコレート

本日はバレンタインデー。
私も、保険のおばちゃんと家族からチョコを貰いました。

周りの友達も手作りするらしくて、うちの娘達も手作りしてましたな。
長女は金曜日の夜、せっせと何かしてました。で、できたてを口に入れられて、「どうぞ」だって。
そんなんされたら、写真撮る暇もないし、そもそもどんなチョコレートだったのかも見てないし(笑)

次女は、今日友達の家で一緒に作ってきたらしく先ほど頂きました。
次女 チョコ


そして、カミさんは…。
カミさん


中身は至って普通のチョコレートでした。
もっと想像してたのに(^^;)

それにしても、最近は女子から男子へあげるのもあるのでしょうが、女子同志で交換もしているんですね。
長女もたくさんもらってました。男子へはあげないと言っていましたが、さてどうなんだか…。
つくづく時代は変わったんだなと思った一日なのでした。

車でラジオを聞いていたら、この日は相変わらず国生さんが歌ってました。コッチは、時代の変化なし。安定の一曲ですね(笑)
ていうか、その他の曲があまりないのか?こんなに国民行事になっているのにね。
2014/12/20

ベッド設置

何年も前から子どもたちに要求され続けていたベッドですが、とうとう本日、その要求に応えることができました。

これまでも何度か子ども部屋で寝ると言っては、数日でギブアップしていた次女。暗いところでは怖くて眠れなかったのに、今ではそんなこともなくなりました。さらには、私やカミさんがいなくても、一人で寝られるようになったしね。

ということで、先日、無印良品にて良いベッドが見つけました。長女、次女とも同じベッド。
そのベッドが本日配達されてきましたので、さっそく組み立てました〜。

これが長女用。
長女ベッド

そして、こちらが次女用。
次女ベッド

ふたりとも、さっそくお気に入りのぬいぐるみをベッドに置いていました(笑)
まだ、布団を敷いていないのにね。

今夜からベッドで寝ると言っています。長女はともかく、次女はどうなることやら。
と心配しているのは、寝相が悪いから。
さっそくベッドから転落するのではないかと、そっちが心配(笑)

そして、もう一緒に寝てくれないのかなと、少しさみしくなった私なのでした。
2014/12/13

来年のカレンダー

次女が公民館のイベントに参加してきました。
それは、「世界に一枚。自分のカレンダーを作ろう」というイベント。

次女いわく、「世界で一枚と言っても、誰かが私のマネをしたら一枚にならないじゃん」だって。なかなかするどいツッコミ〜。「世界で一枚」という中身を説明して理解させるのに、実は時間がかかったことは内緒です(笑)

そして出来上がったカレンダーはこちら。
カレンダー

まず一番に目に入る「一歩前むき 大人になろう」というキャッチコピー。
「自分で考えたんか?」って聞いたら「うん」と力強く答えてくれました。だけど、「有限不実行」も彼女の得意技ですからねぇ。安心はできないな(汗)

そして、来年の干支「未」も上手に描いてます。未の体は、金網の上から歯ブラシをシャカシャカして色付けしたそうです。羊は白色という既成概念を打ち破る大胆さがいいですね!!実際に、こんな色の羊がいたら、牧場はとても華やかになるし、ウールのセーターやマフラーは染色不要で楽しそう〜なんて空想しちゃいます。(笑)

あと半月もすると今年も終わり。
やり残したことを片付けて、いいお正月が来るように頑張っておかないと!!
それこそ「一歩前むき」です。