--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/02/05

発表会

今日は、次女の保育園で発表会がありました。

発表会

8時ころ保育園に行ったのですが、もう既に満席状態。開始は9時からなんですけどね。皆さん、少しでもいい席で我が子を見よう、いい場所でビデオを撮ろうと朝早くから来ていたみたいです、お父さんが。(苦笑)
一番は、今年で卒園する年長さん用のエリアと決まっています。がその中でも一番前に陣取っていた友達に聞いてみると、7時には来ていたって!?
毎年、発表会の時には来年こそ早く来ようと思うのですが、難しいですね~。でも来年は年長さん。最後の発表会の発表会だからな。ちょっと頑張ってみようと思っています(今は…(笑))。

で、肝心のビデオですが、なんとも幸運なことにほぼ正面の一番後ろがポッカリと開いている。
いいのかな~と思って周りの人に聞いてみると、全然問題ないらしい。これは幸運でしたよ。ちょうど保育園の公式ビデオカメラの横。皆さん、遠慮していたのかな~。

発表会で、次女は「リンガーベルとボディパーカッション」と「劇」に出ました~。

まずはリンガーベルを手に持ち、先生のピアノに合わせて「ドレミのうた」を演奏。
次女は高いドとレを担当していましたけど、問題なく演奏できていました。先生によると、自分の失敗がみんなの失敗になるので、とても集中して練習していたということでした。

ボティパーカッションは、手をたたいたり、足を踏み鳴らしたり膝をたたいたりしていろいろな音を出して音楽演奏します。今回は、「ドレミのうた」をみんなで演奏。これは、よく順番を覚えたな~と感心。みんな間違えずに上手に出来ました。

そして、次女のメインは劇。「じこくのそうべえ」という絵本をもとにした劇です。この話、上方落語の「地獄八景」をベースにしている絵本なんだそうです。なので、地獄と言いながら完全に楽しいおはなし。
綱渡り中に足を踏み外して落下した軽業師のそうべえが、地獄で山伏やお医者さんと珍道中をして、地獄から追い出されるという話です。
次女の役は、「地獄の鬼」。これが、妙にノリのカルい鬼らしくて、エンマ様が地獄行きを決定したりすると「へーい、地獄行き~」と楽しそうに叫んでましたよ。
家でも、少し前からいろいろなセリフを聞かせてくれていましたよ。ただ、みんなのセリフを覚えているので、次女の本当のセリフはなんなのかが不明でした。今日の劇で、謎はすっかり解けましたし、上手に演技していました。年中さんになるとここまでできるようになるんだなと思いました。

家に帰ってからは、早速ビデオ編集。今日はおじいちゃんおばあちゃんともみんな都合で参加できませんでしたからね。早速、iMovieで編集してDVDを作成しましたよ。
明日には見せられるかな。

コメント

非公開コメント

かばのおとうさん おはようございます。

発表会でしたか~
年少さんのときはしなかったのに年中になると出来るように
年長さんになると目を見張るくらい上手くなっていますよね~

先生方の努力・園児の努力が垣間見られる瞬間かもしれませんね(^_-)-☆
お疲れ様でした~

紅葉様

今は年中ですが、「えっ、そんなにできるの!?」という新鮮な驚きでしたよ。
普段の姿からは想像もできないくらいしっかりしていて…。
こんなふうに家でもしっかりしてくれるといいのですけどね(笑)
来年はいよいよ年長。どこまでしっかりできるようになるのか楽しみです!!

発表会お疲れ様でした。
しっかり撮影も出来た様ですし、お爺さまおばあさまもきっとお慶びですね!

お嬢さん方もしっかり出来た様で、親としても一安心ですよね~

子どもが舞台に立つと失敗しやしないかと、ヒヤヒヤしちゃって、ボクは大変です(笑)子ども以上にオロオロしてしまいますよ。

マサキン様

我ながら良いビデオがとれたなと思っていますよ。
編集もバッチリ出来ましたので、見てもらえる日が楽しみです!!
完璧に親バカモードですな(笑)
子どものことは、いろいろとハラハラするのは私も同じです。
そのお気持ち、とても良くわかります~。

発表会お疲れ様でした。
ビデオ撮影の結果は8割場所取りで決まりますから、いい場所が空いていて良かったですね。
しかし、やっぱり上のクラスになるとちゃんと演技をしてくれて見ごたえがありますよね。
来年もいい場所が空いているといいですね。

アザラシパパ様

ビデオ撮影は全くその通りで、場所は大事ですよね。
ただ、一番後ろなのでどうしてもカメラの前を横切る人が…(笑)
幸い、肝心なところは誰も通らなくてよかったですけど。
来年はいよいよ年長。どんな劇を見せてくれるか楽しみです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。