--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/03/07

ショックなこと

昨夜、病気で療養中だった会社の先輩が亡くなりました。
先ほどお通夜から帰ってきました。

私が会社に入ったとき、右も左もわからない私を指導してくださった先輩です。

それだけに、本日はショックが大き過ぎて何も書くことができません…。

あまりにも若すぎる。病気にさえならなければ、まだ現役バリバリの年齢ですよ。

現実というのは、どうしてこうも残酷なんでしょうか…。

先輩、後のことはお任せください。後はしっかりと守っていきますので。

そして、安らかにお眠りください。

今まで、色々とご指導頂き、ありがとうございました。

コメント

非公開コメント

人の死は、多かれ少なかれ心に影を落とすものかもしれません。
まして、身近な先輩ともなればきっと心を痛められているかと存じます。

陰ながらご冥福をお祈り致すとともに、かばのおとうさんのお哀しみが一日も早く癒えます様に。

かばのおとうさん こんにちは。

先輩がですか~
ご愁傷さまです。

そうですよ~かばのおとうさんが後をしっかり
守ってくださいね~

ご冥福をお祈りしますe-459

マサキン様

まだ、会社にひょっこり顔を出してこられるような気がしていますよ。
本当に亡くなられたのが未だに信じられなくて…。
でも、こうやって後ろばかり向いていたら先輩に叱られそうな気がします。
残された我々がしっかりと歩いていくことが供養になると思って頑張りますよ~。
おなぐさみのお言葉、ありがとうございました。

紅葉様

まだまだ現役バリバリだっただけに、とても残念です。
ですが、いつまでも悲しんではいられませんからね。
前を向いてしっかりと歩いていくことが、先輩への恩返しになると思います。
まだまだ先輩のやりたいことがあったと思います。
残った我々でそのやりたかったことを完成させていきますよ!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。