--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/10/26

長女の詩「友達」

長女の毎日の宿題のひとつに日記があります。
先日の日記に、次のような詩を書いていました。
だんだんと思春期に入っていきつつあるのか、精神的にもいろいろと不安定になっていることもあります。
そんな中で、友達のことで悩んでいることもあるみたい。その思いを日記の中で「詩」という形で書き表したものです。

-----

友達

友達ってむずかしい。

でも、遊ぶ時には楽しくなって時間が過ぎる。

ときどきけんかもあるけれど
いつかは仲良くなっている。

楽しみがつみかさなると
友達ともっと仲良くなれると思う。

だが、友達と遊ぶばかりじゃ、友達じゃない。
ときどき、わからないことなどを聞くのも友達だからこそ聞くのだ

-----

この詩を読んでいて、とても切なくなりました。
なんていうのか、とても悩んでいる姿とダブってしまって…
決して上手な詩ではないですが、親としては思いがぐっと伝わってきましたよ。

長女をしっかり応援していきたいなと思わされた詩でした。

コメント

非公開コメント

なんだか大人っぽいですね、娘さん。
恋の悩みでもお友達に相談したのかしら?
おっと、これはかばのおとうさんとしては聞き捨てならない話になっちゃいますね。

そのうち『恋って難しい』って題名の詩 書いてきたりして。

きゃろたんと様

普段は超適当日記なのに、この日の日記はとても詩人でしたよ(笑)
どういうことがあって書いたのかはよくわかりませんが、何か悩みがあったのだろうと思います。
恋の悩み…それはダメぇ!!
禁句ですから~(笑)
でも本当にそうなったらどうしよう(汗)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。