--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/01/30

サクリファイス

先日、本屋をぶらぶらしていて見つけた「サクリファイス」の文庫本。
実は、数年前にFMの番組『サタデーウェイティングバーAVANTI」で、書評家の目黒考二氏が紹介していた本なんです。
その時は、ハードカバーだったので、買うのをためらっていたのですが(セコい)、待望の文庫化ということで、早速購入。一気に読んでしまいました。



この本、表紙がなかなかかっこいいでしょ?
これだけ見ても、CDのジャケ買いみたいに買っちゃいそうになりますよ。

そして、肝心の中身。
この表紙の通りで、自転車のロードレースの話なんです。
私は、あまり自転車ロードレースのことについてはよく知りません。だけど、この本を読むにあたっては、知識は何も必要なし。普通に読むだけで、グイグイと引き込まれてしまいます。
サクリファイスというのは『犠牲』ってこと。ロードレースでは、チームのエースを勝たせるために、他の選手はみんな犠牲になっていくことから付けられたタイトルなんですね。

後半は、すこしミステリの要素も入っています。
しかし、個人的にはミステリというよりも、スポーツ小説として十分に面白い本でした。

第5回本屋大賞でも第2位の作品。
とても読みやすい本ですし、これはオススメです。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。