--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/03/17

おりづるノート

昨日ですが、長女が小学校からこんなノートをもらって帰りました。

おりづるノート 表

広島市にある平和公園には、原爆の子の像という折り鶴を掲げた佐々木禎子さんをモデルにしたモニュメントがあります。
原爆の子の像

この象には、毎年約10トン、一千万羽以上の折り鶴が贈られているんだそうです。
この数字だけでも凄いですよねぇ。しかし、あらためて考えてみますと、このI折り鶴もいつまでも飾っておくわけにはいきません。綺麗事で済ませることはできませんので、一時は焼却処分をしていたこともありました。

しかし、このニュース記事によりますと、それらの折り鶴を保存することになっているそうです。
今では93トンの折り鶴が倉庫に山積みだそうですよ…。
で、佐々木禎子さんのご兄弟から、この折り鶴についてノーへとなどに再生して活用して欲しいという提案があったんだそうです。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110712/trd11071221360031-n1.htm

長女が学校でもらったこのノートが、その一環なのかもしれませんね。
ノートの裏表紙には、「折り鶴と、小学生のみなさんが給食で飲んだ後の牛乳パックを一緒にリサイクルしたら、こんなに素敵なノートができあがりました。」と書かれています。
おりづるノート 裏

ノートを開いてみると、折り鶴がリサイクルされていることがよくわかりますよ。
この写真の真ん中辺りに赤い汚れのような点が見えますよね~。これは多分赤い折り紙の名残でしょうね~。
ノート

平和公園は、世界が平和であるようにという象徴の場所だと私は思っています。
なので、平和公園に、折り鶴が世界中からたくさん送られてくることは、広島に生まれた者として、とても嬉しいことですし、ありがたいことだと思います。皆さんが平和への思いを込めて折った折り鶴ですから、すべてを保管できることが一番いいことなんでしょう。けれど、一方で、この増え続けていく折り鶴をいつまでも保管しておくことも、保管スペースなど物理的に大きな問題なんですね。
そんな中、いろいろな団体がリサイクルに取り組み、こういうノートやボールペンなどにリサイクルされるのは、とてもいい方法じゃないかなと思いますよ。

このノートを作られたのは中国地区製紙原料直納商工組合という団体です。
また、NPO法人千羽鶴未来プロジェクトというところでも、再生グッズに取り組まれているようですよ。

この一冊のノートから、いろいろ調べ、考えることができたことも個人的には良かったな。

------
※NPO法人千羽鶴未来プロジェクトのリンク先を間違っていました。大変失礼いたしました。
Kerokerockers様 教えていただきましてありがとうございました。

コメント

非公開コメント

いいお話ですね、はじめて知りました。

購入することは出来るんですかね。

埼玉では手に入れにくいのかな?

でもほんと、いいことだと思います。

きゃろたんと様

実は、私も今回初めて知ったんですよ。
とてもいいことなのに、あまりニュースにもなっていないようなので取り上げてみました。
ブログ中で紹介している「千羽鶴未来プロジェクト」のサイトでは、再生グッズの通販もしているようですよ。よろしければ、サイトをご覧になってみてください。

トラックバック

まとめteみた【かばのいいこと日記】

昨日ですが、長女が小学校からこんなノートをもらって帰りました。広島市にある平和公園には、原爆の子の像という折り鶴を掲げた佐々木禎子さんをモデルにしたモニュメントがあります。この象には、毎年約10トン、一千万羽以上の折り鶴が贈られているんだそうです。この数...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。