--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/08/06

広島原爆忌

今日、8月6日は広島に原爆を落とされた日。
人類にとって初めての核兵器により、一瞬のうちに多くの犠牲者が出てしまった日です。
あれから、もう67年も経つんですね。
今年の原爆祈念式典には、原爆投下を指示した米トルーマン大統領のお孫さんが出席されたり、福島からも浪江町の町長さんが出席されたりしたようですね。テレビニュースでは、福島から来られた小学生たちの姿も流れていました。

子ども達も、今日は全校登校日で小学校に行きました。学校で黙祷をして、原爆について勉強してきたようです。私も小学生の時、この日は全校登校日。同じように平和学習をしたことを思い出しました。子ども心に原爆の恐ろしさをかみしめていたものです。



太平洋戦争が終わってもう67年。
少し前のことですが、テレビを見ていた時に原爆がいつ落とされたのか知らない人も多くなってきたそうです。そして、広島に住んでいる子どもであっても、広島の投下日時はわかっても長崎に投下された日時はわからないという子どもも増えてきているそうです。
悲しいけれど、これが現実なんですね。

昨年発生した福島の原発事故で、原子力に対する国民の不安は高まっていることは事実です。

「核と人類は共存できない」
森滝市郎さんの言葉です。

核兵器廃絶を進めるとともに、原発を含めた「核」の利用についてもう一度真剣に考えてみる時期が来ているのではないでしょうか。唯一の被爆国であり、原発事故を起こしてしまった国として…。

すぐには難しいとしても、近い将来、原子力に頼らなくてもいい世の中が来ること願っています。

コメント

非公開コメント

かばのおとうさん おはようございます。

福山でも昨日は登校日だったんですね~
語り部さんも年々少なくなってきたようです。

高齢ですからね~
核廃絶にしても脱原発にしても野田さん自身が関心が薄いようですから・・・

紅葉様

私が子どもの頃から、8月6日は登校日でしたよ。
広島に住む人間として、原爆のことを語り継いでいくことが責務かなと思うようになりました。
だけど、残念ながら私は語り部さんから直接お話を聞いたことがないんです。
機会があれば、一度聞いてみたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。