--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/08/12

下関へ行って来ました

「猛暑」という言葉でも足りないくらい暑い毎日。
こんな時は、涼し気な魚を見に行こう!!ってことで、本州最西端の下関に行って来ました。

下関にある水族館は、「海響館」という名前。海響館という名前は、関門海峡をもじってつけたのでしょうかね。場所も関門海峡に面していて、すぐ近くには関門海峡大橋があります。九州もすぐそこに見えます。

関門海峡

建物全体はクジラの形をしているそうなのですが、外にいると暑いので、さっさと中へ入ったため写真はなしです(^^;)

この水族館、山口県らしくいろいろな種類のフグが飼育されています。
これらの写真は、全部ふぐ。右下のが、有名なトラフグですね。写真がヘタでスミマセン。
ふぐ ふぐ
ふぐ とらふぐ

フグ自体は昔から食べられていたらしく、秀吉の朝鮮出兵の時にもフグの毒で出陣前に亡くなってしまった武士たちが大勢いたそうです。

水族館をひと通り見終わって昼食。
昼食を取りながら、観光パンフレットをパラパラとめくっていると巌流島という文字が。去年が宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘から400年だったらしい。まだ行ったことがなかったので、近くの切符売場で聞いてみると、今なら船賃は通常の半額。しかも小学生以下は無料だそう。こりゃ行くしかないでしょ。

巌流島 案内図
伝馬船 武蔵と小次郎

船に乗ってやく10分で到着です。
巌流島は三菱重工が所有していたらしく、昔の島をかなり埋め立てて広げてあるそうです。Wikipediaによると、今でも埋め立てたあたりは三菱重工が所有しているらしい。右上の写真の地図で言うと、上部の茶色の部分。
そして、元々の島の部分(地図の下部)に伝馬船の模型や決闘の銅像が設置されています。島は全体的に平らで、ほとんど起伏がありません。
そして、とにかく陰がないので暑い〜(苦笑)ということで、次の船の時間で早々に撤収です。

最後に、もう一つ。
今まで行きたくて行かれなかった関門トンネルへ。
入り口 料金箱
エレベータ 出発
県境

通行料は、徒歩は無料で、自転車‥バイクは20円を料金箱に入れるルール。我々は徒歩なので無料です。人道トンネルは海面から58mの深さ。そのままエレベータで地下まで降りていきます(写真中段左)。
ここから九州の門司側に向けて出発です。写真中段の右側に注目。なんと、人道なのに国道2号線の標識が!!(笑)
人道トンネルの長さは780m。途中に県境があります。子どもと一緒にワタシも登場(笑)往復で約30分の徒歩の旅。

トンネルは生活道になっているので、普通にジョギングやウォーキングをしている人がいます。また、学生さんも自転車を押しながら歩いてる。我々のように観光客は面白がって歩いているけど、そんな日常とのギャップが何とも面白かったなあ。それにしても、トンネル内は暑くて、湿気が多かった〜。

今回は日帰りでしたが、今までに行けなかったところにも行くことができ、楽しい旅となりましたよ。

コメント

非公開コメント

かばのおとうさん おはようございます。

海響館と関門トンネル
小学校の修学旅行で行きましたよ~

懐かしく拝見しました。

紅葉様

下関は通過することが多くて、なかなか散策できませんでした。
今回は、日帰り旅行ながらいろいろと遊べて良い旅行になりましたよ。
まだまだ見たいところがあるので、あらためて遊びに行ってみたいです!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。