--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/01/11

すりへらない心をつくるシンプルな習慣



2013年は、いろいろ気を使った一年でした。そのせいか気持ち的にも元気が出なくて、仕事も思うように進まなくて・・・。
それで、今年は少し気持ちを楽にして過ごしてみたいなと思いまして、この本を読んでみました。

まず第一章からガツンと来ましたね。
「本当はどんなことがしたいの?」疲れた時ほど自分に問いかける。自分でもわからなくなってる…。
「やらなきゃいけないこと」を優先させすぎていませんか。自分のことをもっと大事にしてみませんか。
そうだよね。そう思う。

第二章は「いい人になるな」ってことかな。
空気を読むという言葉がありますけれど、あれって本当に気を使う。こんなこと言っちゃいけないとか、もっと人の話を聞かないといけないとか。でも、考えてみると、言いたいことをズバズバ言っている人は元気がある。悪い言葉や感情も、飲み込むばかりではなく、ちゃんと外に吐き出さないと疲れちゃうから。

第三章は他人にイライラせず、自分が変われってところか。
問題と思うから問題になる。
なるほど〜。それは結局のところ価値観がその人と合っていないから、自分の考えと違ったことに対してイライラしているわけだ。
自分のやっていることが全て正しいという思い込みを排除して、自分の価値観を考えなおしてみる。自分のしたいことをベースにして行動し、そのハードルを他人にこうあるべきと押し付けないってところかな。
嫌いな人はいるものだし、その人をムリに好きになる必要もない。そんな人ほど、価値観は違うもの。

第四章は自分の性格。自分の性格で嫌なところは、考え方を変えてみると、自分を守ってくれている。嫌なことを嫌と思って、自分をそういうものに近づけさせないようにしてくれていたんだって。そういう考え方はおもしろい。
また、「〜できない」と考えると、自分を正当化するために、その「できない証拠探し」をやってしまう。だから、「〜できないお陰で、◯◯できた」と肯定的な考え方をしましょうよって。
「チャンスはピンチの顔をしてやってくる」
この本を読んで一番心に残った言葉。

第五章は、自分を大切にしましょうということか。自分の心を粗末に扱うと、他人も自分を粗末に扱うようになる。だって、本人が自分のことを粗末にしているんだから。もっと自分を大切にして、辛い時にはツライと言おう。他人に心配してもらった時に「大丈夫」って言い過ぎない。大丈夫っていう時は、たいてい大丈夫じゃないのに強がってる時。みんなに心配してもらえばいいじゃん。

第六章。人を許せない時、イライラがつのる。だけど、「そうだね、大変だったね」ととりあえず言う。賛同ではなく、「そりゃ、そんなふうになったのも無理ないね」と。その考え方を自分にも向けてみる。人に怒られたり、文句を言われた時に「ほう〜、そうか」って心でつぶやく。まあ、いいかって開き直ることも大事なのだ。

第七章はまとめ。人生には選択肢があるが、結局何が正解なのかなんて、誰にも分からない。あの時に選択した答えは、その時ベストだと思ったこと。過去の自分を責めても何も変わらんもんね。できなかったことを数えるんじゃなくて、小さくてもいいからできたことを探そう。言いたいことを遠慮せず言おうってこと。自分に嘘をつかず、意見をきちんと言えば、周りも変わってくる。


もっと我がままになってもいい。
もっと言いたいことを言ってもいい。
したいことをすればいい。したくないことはやめればいい。
もちろん、どんな時にもわがままになっていいわけではないけれど、いままでより少しだけでもわがままになってみればいいんじゃないの。我慢することが自分の気持ちをすり減らしていたんだから。

ちょうど、気持ちが弱っていた時でもありました。こういう本を読んで気付くことも多い。
特に、「チャンスはピンチの顔をしてやって」きていますから、ピンチと思った時に自分をもっと表現して、チャンスに変えちゃえ〜。
言葉で言うのは簡単だけど、そこがなかなか難しいんだけどね。
でも、少しでもこんなことを意識していけば、楽になるかも。

心が疲れて時に、ちょっと読んでみてください。心が楽になるかも。



コメント

非公開コメント

かばのおとうさん、こんにちは。

じっくり読ませていただきました。
ぼくも3年程前、心が疲れてしまったことがありました。
やっぱり、周りを気にして、自分を押さえ込んで…。
結果、自暴自棄に陥ってしまいました。(^_^;)
今は環境も自分の考え方も変わり落ち着いていますが、「チャンスはピンチの顔をしてやってくる」の言葉を頭に入れておきたいと思います。
素敵な本の紹介、ありがとうございました☆

はじめまして

はじめまして、ねおくり と申します。
年末年始に色々と徘徊してお邪魔させて頂いております。
日々の生活から「いいこと」を探すって良いですね。(^^)
年齢を重ねる毎に、色んな事に追われ、いいことを探せなくなっています。
ほんの少しでも良い事があれば気分も癒されると思いますよ。

この本も心の栄養になりそうですね。
本屋さんへ行った時に探してみますよ。

では、またお邪魔致します。

santapapa様

心が疲れると何かとツライですもんね。こういう本を読んで、気付かされることも多い。
自分を押し殺して損をするくらいなら、ちゃんと表現して少々の対立があっても元気に得する方がいいなと思います。対立が自分を強くしてくれるんだと思います。これなんかも、チャンスがピンチの顔をしてきている時かも知れないですね〜。
ありがとうございました。

ねおくり様

コメント、どうもありがとうございます。
どうせプログを始めるならば、楽しいブログにしたいなと思い、いいことを探すことにしました。
まあ、そんなに毎日大きな「いいこと」はないのですが、小さな「いいこと」はきっとあるものですからね。
そんなに厚い本ではないし、すっと頭に入ります。
ぜひ読んでみて、書かれていることを実践してみたらいいと思いますよ。
今後ともよろしくお願いします。

うーん、考えさせられますね。僕も思い当たることが沢山あります。

TORU様

自分の気持ちをスッキリ出せればもっと違うんでしょうけど…。
今年は、なんとか気持ちを楽に持って仕事できたらいいなと思ってます(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。