FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/01/17

20年

今日は、阪神淡路大震災が発生してからちょうど20年という日。
ついこの間のような気がしますけど、もうそんなに経つんですね。

20年前。
私は東京の事務所に勤めていました。
折しも、数日前から私の地元に出張。まだ結婚する前だったので、実家に帰っていました。

地震発生時は寝ていたのですが、揺れに驚いて飛び起きことを今でよく覚えています。
明るくなるにつれて徐々に被害が判明してきました。
テレビに映る衝撃的な映像に目を疑いつつも、その状況の酷さに愕然としました。

また、新幹線も不通で、飛行機も取れない。
東京には帰れませんし、実家はこちらだからという理由で、様子見でそのまま一週間ほど出張を延長しました。結果的には数日後に飛行機が予約できたので、東京に戻ることができましたが…。

もともと、私の地元は地震が少ない地域でもあり、それまでは意識の中でも「地震なんて…」と思っていました。
だけど、20年前の今日、その考えがガラリと変わりました。一瞬で街全体がグチャグチャになるなんて考えられなかったのです…。その時から地震がとても怖くなりました。
そして、もしもの備えの大切さもよぉく分かりました。という割には、まだ非常持出袋が準備できていないのがかなりヤバいのですけどね。

Yahoo!のトップ画面も震災当時の写真や映像が特集されていました。
あれから新潟、東北、長野等でも大地震が起き、火山もあちらこちらで噴火。日本周辺が活動期に入ったのかもしれません。当時の気持ちを忘れず、いつ大地震が起きても大丈夫という備えをしなければ!!
と心に決めた朝でした。

コメント

非公開コメント

あれから20年。私はまだ学生をやっていましたが本棚が倒れてきてびっくりしました。翌朝、大阪の実家に連絡をとろうにも取れず、随分と大変でした。東日本の時は海外にいたので、これもまた映像でみての驚愕でした。自然の力のすごさです。それに抗う人は、随分と無力に見えますが、それでもずっと抗っていくものなんでしょう。

TORU様

時が経つのは早いものですね。
その間に大きな地震が何度もあり、今後も予想されています。
自然災害に正面から被害を受けないように立ち向かうのもひとつの方法でしょうけれど、受け入れて耐えるのも方法。そのための準備が防災グッズなのかなと思います。どう受け入れていくのか。日本の大きな課題ですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。