--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/01/31

またまた発見

次女の筆箱からまたまた発見。

一年半ほど前に、一度取り上げたことがあります(その時のブログはこちら)。

今回、久しぶりに発見しましたー。
しかも2本ですよ。

鉛筆


モノを大切にするのはいいことですけどね。
それにしても、限度ってものがあるんじゃないの?

これ、キャップを付けても書けるんだろうか。
どうやって削ってるんだろうと思ってきいてみたら、この鉛筆削りでした。

鉛筆削り

この鉛筆削りは、不通の一方向に回すものとは違うんだって。
ラチェット式ドライバみたいな感じで、回して戻して回して戻してという動作で削れるんだそうで。
最近はいろいろな文房具があるんですね。

ものを大切にしているのか、削るのが楽しいから削っているのか…。
アヤシイもんだな(^^;)

コメント

非公開コメント

かばのおとうさん、こんちわ~、マスターです。
昨日、偶然TVで見たんですが、この短い鉛筆同士を
繋げて使えるようにする鉛筆削りがあるそうですよ~。

今の時代、文房具の進化、ハンパないっすわ~!!

Re: きなりM&O様

マスター、どうもです。
最初は「鉛筆削りで鉛筆がつながる」という意味がよくわかりませんでした。
こういう時はすぐにネット検索。一発で見つけましたよ!!
これですね?
http://www.njk-brand.co.jp/new/
http://youtu.be/ubwPm9UK4F8
なるほど、これは画期的ですねぇ。びっくりです。
ホントいろいろなものがあるものですね!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。