--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/14

川崎医大附属病院

昨年秋から、カミさんの右手が調子悪くなっています。
親指と人差指がシビレて痛い状態で、握力がでない状況です。そのためペンで字を書いたり、箸でご飯を食べることもままならなりません。

最初に行った整形外科から、この辺りでは大きい神経内科を紹介してもらい、年始すぐに診察、検査してもらいました。しかし、そこでも結局原因が分からないということで、さらに川崎医大附属病院の先生を紹介してもらいました。

今日が、その紹介していただいた先生に診察してもらう日ということで、岡山県は倉敷市にある川崎医大附属病院に行ってきました。ちなみに私は午後から会社を休んで一緒に行ってきました。
写真は、カミさんが血液検査などをしている間、暇だったので中庭を写したもの。真ん中辺りに水車が写っています。(下手くそな写真ですね。すみません)
川崎医大病院

この病院は、いろいろな人から話は聞くものの、私もカミさんも実際に行くのは初めてです。山陽自動車道の倉敷ICから10分くらいのところにあり、家からも時間的には1時間30分くらいで到着。ちょっとしたドライブという感じでしょうか。朝は、雪の影響が出て広島県内の高速道路は通行止めになったりしていましたが、私たちが行く頃には、もう何も問題はない状態で良かったです。

そして、肝心の診察の結果ですが、本格的な検査は来週ということになりましたので、今日のところははっきりとしたことはわかっていません。しかし、これまで診ていただいてきた感触よりも、なんとなく核心に届きそうな感じを受けました。
次回の検査では、これまでに行っていない検査を先生が自らしていただけるということです。
原因が突き止められることを期待したいと思います。

コメント

非公開コメント

こんばんは~

奥様のこと心配ですね~

原因がわかり1日でもはやく治るといいですね~
奥様にお大事になさってくださいとお伝えください。


Re: こんばんは~

紅葉様
ありがとうございます。
原因が分からないのが、一番気持ち悪いですからね。
次回の検査ではっきりすればいいなぁと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。