--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/26

今日はやはりスケートでしょ?

バンクーバーオリンピックも大詰めが近づいてきました。
そして今日は、日本中が注目している女子フィギュアスケートのフリーが行われる日でした。
朝からソワソワして、人事ながら落ち着かない一日でした。

結果としては、キム・ヨナ選手が前代未聞の高得点。浅田選手も頑張りましたが、あと一歩届かないということになりました。けれど、よく考えると浅田選手も高得点だったんですよね。キム・ヨナ選手があまりにも高得点だったために霞んでしまいましたけれど。

さて、この二人、聞くところによると同い年で,誕生日も近い(同じ月)。家族構成も同じということでライバルとなる宿命だったと言ってもおかしくないです。二人がお互いにライバル意識を持ち、切磋琢磨することで、世界のスケート界を引っ張るどころか、追随を許さないほど高いレベルで争うことになりました。
今回のオリンピックの演技を見る限り、キム・ヨナ選手が一歩抜けたという感じ。二人とも、次のソチオリンピックにも出場するでしょうから、浅田選手にはその時に見返して欲しいと思います。

さて、そんな中、私が今日注目したのはアメリカの長洲未来選手です。
まだ16歳ということですが、今日の演技を見ていてとても引き込まれてしまいました。メダルにはもう一息というところでしたが、来シーズン以降大きく飛躍するのではないかと感じました。期待したい選手のひとりです。

バンクーバーオリンピックもあと3日。
なんとなく終わるのが寂しい,名残惜しい気持ちです。

コメント

非公開コメント

.

ピアノの教則本をそのまま弾くのが正しいのか、アレンジしてジャズ風にするのが正しいのか、今年のルールがそのまま弾くのが正しいという事なんでしょうね~
浅田選手も長洲選手も、まだまだスキルを伸ばしそうですから、金メダルとの差は今後はそれほどないのかもしれないと思いましたよ。

娘も浅田選手の悔し涙にシンクロして大変でした(笑)

Re: .

マサキン様
そういうことですね。毎年,ルールが変更されているようで
演技する側もいろいろ苦労があると思います。
浅田選手には、4年後のオリンピックでリベンジして欲しいです。
それにしても、フィギュアの選手たちは、日本時間に合わせたテレビ番組に
多く生出演されています。
パンクーバーでは夜中だと思います。もう少し考えてあげられないものですかね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。