--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/01/14

エアコン

今日、エアコンを修理してもらいました。
実は今回修理したエアコンは、いろいろと「いわく」つき。
今回の修理が最後になると良いのですが…。

このエアコン、購入したのは多分4年くらい前です。その時には、同じものを2台購入したんです。これを、それぞれA機、B機と呼ぶことにします。A機は寝室に、B機は子供部屋に取り付けました。

取り付けて半年ほどして、A機の冷房が冷えなくなりました。そこで、量販店に連絡して「ラブ注入」「ガス注入」(笑)。取り付けて半年しか経ってないのにな~と思いつつ、まあこの時には何も気にせず。

再び半年くらいして、今度はB機の室内機から水がポタポタとたれるようになりました。また、あまり冷えもよくない。再び量販店に電話し、この時にはガスを充填してもらうのと合わせて、室外機の排水用ドレンを調査。するとドレンの中にカナブンが入り込んでいて、水が抜けにくくなっていたのが原因でしょうということでした。

さらに1年後。今度はA機がまた冷房で冷えなくなってしまいました。
さすがに量販店も自分たちではわからないということなのか、この時にはメーカーさんが直接来られました。そして、衝撃の事実。
「この機種は、実は外国の工場で製造を始めた初期の物で、室内機の異常が多数報告されています。なので、中身の部品をごっそり入れ替えさせてほしい。」という申し入れがありました。その交換用部品も品薄になっているということで、2~3ヶ月後くらいに交換したような記憶です。
そして、メーカーさんには別の部屋にB機があることを伝え、こちらも私の方で異常を感じたら量販店ではなくて、メーカーさんに直接電話することにしました。
それ以来、A機は順調に作動しています。何ら問題は出ていません。

そして、一年後(つまり購入して3年後)、
とうとうB機がおかしくなりました。
実は子ども部屋、頻繁に使用しているわけではない、ほとんど子どもの遊び部屋。エアコンもめったに使用していません。ですが、たまに動かすとこの調子なので困ったものですよ。
早速メーカーに電話しました。そして、いつものようにガスを充填してもらったのですが、その時に「無償で別の機種に変えさせてほしい」ですって。「なんて太っ腹」というか、もう何度も電話されるのがイヤなのかは知りませんが、こちらとしてはそのほうが問題も出ないだろうし、新品になるしで断る理由はありません。

そうこうしているうちに、B機は新しい機器に取り替えられました。が、めでたしめでたしとは行かず、今年に入って、暖房が動かないことに…。
まったく、この子ども部屋、なにかあるのでは思うほどですよ。
一応メーカーさんに伝え、今日は、「原因を徹底調査します」と万全の体制で望まれました。
調査開始後1時間30分くらいして、原因がわかった様子です。どうやら、新しい機種に設置した業者さんが室内機と室外機のパイプのつなぎを上手く加工していなかった模様。原因の部品も見せてもらいました。確かに微妙にキズが入っています。メーカーさんによると、家の機械の場合、1円玉の上に10数キロの圧力が常にかかっているため、少しのキズでもジワジワとガスが漏れるそうです。そして、一定量が漏れてしまうとエアコンが効かなくなってしまうみたい。

工事がほぼ終わり頃の写真です。メーカーさんが車に戻ったときに、写しました~。小心者なもんで(笑)
エアコン

メーカーさんはいつも同じ人が来られていました。
量販店から来ていた人よりもずいぶん丁寧だし、いい人でしたよ。
いろいろとお世話になり、ありがとうございました。でも、もう呼ぶことがなければいいな(笑)

コメント

非公開コメント

かばのおとうさん おはようございます。

この時期エアコンの故障は辛いですよね~
修理が終わってホッとですね(^_-)-☆

紅葉様

今回故障したエアコンは、そんなに普段使っていない部屋だったのが幸いでした。
とりあえずは直ったと思いますが、あれだけいろいろなことが起きた場所だけに手放しでは喜べませんね~(笑)
夏も乗り切れれば本物だと思いますよ。

エアコン…去年の夏には泣かされたなぁ(笑)
とりあえず直って良かったね!
こんな時にはエアコンの有難さが分かるってもんですよね♪

でも今年の夏…去年の私の二の舞になりませんように

プーサマ

そうじゃたね。ボクも書きながら、プーさんが怒っとったな~って思いだした(笑)
まあ、あまり使わない部屋なんじゃけど、早いうちに文句言っとかんと保証期間が切れてしまうけぇね。
でも、ひとつずっと抱えてた宿題が無くなってほっとしたよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。